大阪で空き家を売却する際の仲介料は?お得に家を売る裏技も解説

空き家を売却したいと思った場合、多くの人は不動産会社へ依頼して買い手を見つけてもらうことを考えると思います。

不動産会社を利用する場合に気になるのが、手数料として支払う仲介料ですね。

通常の不動産売買の仲介料は決して安くないのですが、空き家を売る場合はどうなのか

大阪で空き家を売却する際の仲介料

大阪で空き家を売却する際の仲介料について見ていきましょう。

実は不動産会社が受け取っていい仲介料の上限というのは国交省(国土交通省)の告示「宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買等に関して受けることができる報酬の額」によって決められています。

以下の表のように取引価格によってそれぞれ仲介料の上限が定められていて、従来は全ての仲介料が以下のテーブルの通りに計算されていました。

取引価格 仲介手数料の上限(税別)
200万円以下 取引価格の5%
200万円超・400万円以下 取引価格の4%+2万円
400万円超 取引価格の3%+6万円

引用元:NPO法人 空家・空地管理センター

しかし、相続のあとに放置された空き家の売却などでは400万円以下の低価格での売買契約になることもあるため、上記の仲介手数料では不動産会社が乗り気になってくれないという問題がありました。

仮に300万円で売買された空き家の仲介料

300万円 × 4% = 12万円

12万円 + 2万円 = 14万円

となります。

仮に200万円で売買された空き家の仲介料

200万円 × 5% = 10万円

となります。

これでは不動産会社としても実地調査などの経費を差し引いた後に利益があまり残りません(下手したら赤字)

取引価格の低い空き家の売却に対して積極的に動いてくれないため、不動産会社に仲介依頼をしても空き家の売却先が中々見つからないという問題が起きていました。

そのため国交省は告示を改正し、空き家売却の場合だけ仲介料を変更しました。

空き家を売却する際の仲介料が変化?

高齢化社会が進む日本では、相続による空き家の増加も問題として表面化してきており、放置されて危険な状態の空き家も多く存在します。

そんな空き家の処分について国も色々と対策を打っており、現在では、売却価格が400万円以下の価格の低い空き家の不動産取引については以下のように仲介料上限のテーブルが書き換えられています

空き家売却時の仲介料上限額テーブル

取引価格 従来の仲介手数料+調査費用の上限(税別)
200万円以下 18万円
200万円超・400万円以下 18万円
400万円超 取引価格の3%+6万円(変更なし)

引用元:NPO法人 空家・空地管理センター

ちなみに上記の表ですが、これは大阪だけでなく全国的に一律のルールとなっていますので、どの地域・エリアであっても、仲介料の上限は一定です。

売却価格が400万円ちょうどの場合には以前の計算方法でも18万円であったため変更はありませんが、300万円や200万円といった売却価格の際に違いが出てきます。

空き家売却の仲介料が高くなった

先ほど触れました通り、国土交通省が仲介料の上限を高くした理由は『不動産会社が請求できる仲介料を高くすることで空き家の売買を活性化させる』ためです。

これは空き家を売りたい人の側からすると仲介料の値上がりということになります。

もちろん、不動産会社が積極的に動いてくれることでそもそも買主が見つからないという状況は打破できるのかもしれません。

その意味ではメリットもあるのですが、この改正によって仲介料が高くなっていることは紛れもない事実です。

不動産会社が本当に積極的になるのか?

そもそも、この程度の仲介料の値上げでは不動産会社にとってそこまでメリットがないという指摘もあります。

確かに、不動産会社の人件費などを考えた際に、以前のように赤字になるということは免れるのかもしれません。

しかし取引価格が低い案件を相手にしたくないと思う不動産屋はいますので、あまり意味のない変化と言う人がいるのも納得です。

つまり、売り主の払う手数料は上がったのに、状況はあまり好転しないということです。

大阪で仲介料なしでお得に家を売る裏技

そこで、このブログの読者の方には『大阪で仲介料なしでお得に家を売る裏技』をご紹介します。

それは空き家専門の買取業者を利用することです。

当たり前の話ですが仲介料は『仲介』をしてもらうので発生します。

買取業者に対して自らが直接売る場合には仲介手数料が発生することはありません。

空き家の買取が専門だからすぐに売れる

空き家の売却を不動産会社に依頼しても中々買い手が見つからないことは有名な話です。

不動産屋さんにも得意不得意な分野がありますので空き家の取り扱いに慣れていないこともあるでしょうし、そもそも空き家の一般市場での売却が難しいということもあります。

それが、空き家専門の買取業者にすぐに買い取ってもらえたのは非常に楽でした。

空き家が長期間に渡って売れないままの場合、

  • 固定資産税などの支払い
  • 空気の入れ替えなどの維持管理
  • 近所からの苦情対応

などに悩まされることになります。

ですので売ろうと思ったときにすぐに売れるのは非常に安心でした。

 

まとめ

空き家の売却に必要な仲介料について見てきました。

仲介料の上限はルールで決まっているのですが、空き家売却については仲介料が高くなる改正がされたんでしたね。

しかも意味があまりない値上げという側面もありました。

そこで、不動産会社へ買い手を見つけてもらうのではなく、自分で買取業者に直接売りに出せば仲介手数料が発生しないでお得という話でした。

しかも売りたいタイミングですぐに買い取ってもらえるというのが最高です。

空き家を売りたいのに中々買い手が見つからなくて困っているという方は是非試してみることをお勧めします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です