大阪で空き家を売却するのに必要な書類と取得方法

大阪で空き家を持っているが売却を考えているという方のために、売却に必要な書類とその取得方法をまとめておきます。

不動産の売却など一生に何度も経験するものではありませんので、必要書類などは知らないのが普通です。

この情報が多くの方の参考になれば幸いです。

 

大阪で空き家を売却するのに必要な書類

大阪で空き家を売ろうと思うと以下の2つの選択肢があります。

  1. 不動産屋に仲介を依頼して買主を探してもらう
  2. 空き家の専門買取業者に買い取ってもらう

不動産取引である以上、どちらの選択肢を取っても同様の必要書類が発生しますが、中にはどちらか一方のみで発生する必要書類もあります。

以下ではその点にも言及しながら話を進めていきます。

空き家を売却に出す前に必要な書類

このタイミングでは以下の書類が必要になります。

  • 空き家の購入時に入手したパンフレット等

こちらは主に不動産屋が仲介に入る場合に必要になります。一般人の買主を見つけるには不動産会社は募集のためのパンフレット等を作成します。

そのために、売却予定の空き家を購入した当時同じように作れられたはずのパンフレット等を仲介契約を結んだ不動産会社へ提出します。

相続空き家の場合には昔のことすぎて書類のありかが分からなくなっていたり紛失してしまっている可能性もあります。

無くても何とかなりますが、あると物事がスムーズに進む書類です。

ちなみに、空き家の専門買取業者へ買い取ってもらう場合には必要ありませんが、手元にあるようであれば渡すと良いでしょう。

売買契約を締結する際に必要な書類

ここでは、買主が決まった場合にも業者に買い取ってもらう場合にも共通して必要となる書類を見ていきましょう。

  1. 権利書
  2. 固定資産税納税通知書
  3. 印鑑証明書
  4. 建築確認済証/検査済証
  5. 住民票

上記の5つの書類についてそれぞれ確認していきます。

1. 権利書

不動産の取引と言えばお馴染みの「権利書」ですね。

実際に見たこと・触ったことが無くても、テレビなどでよく聞いたことがあるのではないでしょうか。

不動産というのは不動産登記という国が管理する帳簿に全て情報が蓄えられていますので、権利書の正式名称は「登記済権利書」でした。

現在では登記情報がデータ化されたために「登記識別情報」という名前に変わっていますが、同じものです。

不動産登記が完了した際に発行され、2005年より前に取得していた人が持つ「登記済権利書」でも、それ以降の「登記識別情報」でも、一度しか発行されないものですので大事に保存されているはずです。

2. 固定資産税納税通知書

空き家においても固定資産税を払っているはずですので、税務署から納税通知書が毎年5月ころに送られてきているはずです。

既に満額支払い済みの固定資産税に関しては、日割り計算をして売主・買主が公平に負担するようにしなければなりません。

そのために 固定資産税納税通知書が必要となります。

3. 印鑑証明書

空き家の売却に当たっては契約書に印鑑を押す必要が出てきますが、これには実印(市役所に登録してある印鑑)を使用します。

実印を使うということで、その実印が本物だということを証明する印鑑証明書が必要になります。

取得場所は市役所で、発効されてから3ヶ月以内のものでなければいけません。

4. 建築確認済証/検査済証

売却する空き家を建てた際には、建築主事と呼ばれる地方公務員に対して建築確認を依頼しています。

建築基準が満たされている場合には建築確認済証(または検査済証)という書類を受け取っているはずですし、もし空き家を建築したのが自分たちの家系じゃなかったとしたら、空き家を購入した際に書類を渡されているはずです。

もし紛失している場合は、役所で代替資料を発行してもらうことができます。

5. 住民票

売却する空き家の登記上の住所と、あなたの現住所が異なっている場合に限って住民票が必要となります。

 

決済の際に必要な書類

いざ決済となった際に必要な書類は主に不動産登記の変更に関する書類です。

売却によって所有者が変わることになりますので、所有権の移転登記というものがなされます。

それでは登記に必要となる書類を確認しましょう。

1. 固定資産税評価証明書

先ほど登場した固定資産税納税通知書と似ていますが、こちらは固定資産税の評価証明書です。

各都道府県の県税事務所で取得でき、空き家の場合は土地と建物の評価証明書がそれぞれ必要になります。

発行から3ヶ月以内のものでなければなりません。

2. 登記原因証明情報

登記原因証明情報は、その登記をすることになった原因が書かれている法務局への提出書類です。

所有権の移転登記であれば売買契約の事実が記載されることになりますが、売り主のあなたが作成する必要はなく、通常であれば司法書士という法律の専門家が作成してくれます。

そのため、この書類に関してはあまり心配する必要はありません

3. 司法書士への委任状

先ほど触れたとおり、不動産登記についてはそれを専門に扱う法律家として司法書士がいます。

彼らは依頼を受けて、買主・売主を代行して登記手続きを進めてくれますので、委任状を渡す必要があります。

この作成に関しても、書類自体は用意されているはずですのでサインをすればよいだけです。

 

まとめ

大阪で空き家を売却するのに必要な書類と取得方法をご案内してきました。

主に必要な書類というのは以下の5つでしたね。

  1. 権利書
  2. 固定資産税納税通知書
  3. 印鑑証明書
  4. 建築確認済証/検査済証
  5. 住民票

空き家を売りたいと思っている人がまず最初に思い浮かべるのは不動産屋さんを通しての売却だと思いますので、その場合には空き家取得時のパンフレット等も必要になります。

しかし相続空き家を代表とした、放置気味の空き家や荷物が残された状態の空き家を一般人に売るのはかなり大変です。

家の中の荷物を整理して、更にリフォームしてから売るなんてプロセスを辿りたくない方も多いと思います。

その場合には現状のままで買取業者に荷物ごと丸々買い取ってもらった方が楽だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です